AVや風俗の高収入の求人の事務所に行ってみましょう

のんびりしている若い女性

掛け持ちについて

林の中に佇む女性

AVの世界に飛び込むとき、他に仕事も何もしていないまっさらな状態でなければならないと決まっているわけではありません。普段はOLさんをしている女性や、主婦として家庭を守っている女性、あるいは大学生として勉学に励んでいる女性……そんな女性たちが、AV事務所に所属して活躍しています。
基本的に、事務所を通して行われるAV撮影は、女優である女性が自由に参加するかどうか決められるようになっています。撮影日が大事な鍵の日だとか、遊びに行く約束をしているとか、テストの日とか、そういうときには出演しなくてOKなのです。
「人生で1回だけ」の出演でもちゃんと出演料をもらえるし、1ヶ月に1回という感じで出演するというのもOKです。
というわけで、基本的に「掛け持ち」はOKとなっているおおらかな業界なのですが、ひとつだけ掛け持ちに関して絶対に守らなければならないことがあります。それは、「事務所を掛け持ちすることはNG」であるということです。
普通のOLさんとAV事務所は両立することができますが、別々の事務所に同時に所属するということは出来ないのです。
事務所への所属が決まると、写真付きのプロフィールが作成されて、AVの制作を行うメーカーに送られます。このとき、別々の事務所から同じ女性のプロフィールが届いたら、どうなるでしょう?メーカーはどっちに出演依頼をしたらいいものか、悩んでしまいます。付き合いが大事な業界ですから、こういう揉め事を引き起こしかねないことは、絶対にあってはならないのです。
そういうわけで、この種の「掛け持ち」に関しては、絶対にやめるようにしましょう。